素敵な庭を手に入れよう│芝張りは業者に任せておけば安心

笑顔の男性

間伐を行なう理由

樹木

森にはたくさんの木があって、木があることによって環境問題を解決することができるのです。そのためには。森の木を成長させるために間伐という作業をしないといけません。間伐とはたくさん生えている木を切って、木と木の間隔を空けることです。木は成長していくと枝を広げていきますが、その時に近くに木があると成長の邪魔をすることになりますし、たくさんの木があると根っこの部分に太陽の光が当たらなくなります。間伐をすることによって、周りにある木に邪魔されることなく成長することができ、根っこにも栄養が行き渡り太くて頑丈な木になるでしょう。太陽の光が根本に当たるということは、地面にも光が当たるので下草が生えて緑の多い森になるのです。このようなメリットがあるということで、森のために間伐を行なうのです。もし間伐を行なわないと、根本に太陽の光が当たらなくなって、もやしのような見た目の木に成長してしまうでしょう。それだけではなく、地面に光が当たらず下草は枯れてしまい暗い森になってしまいます。下草がなければ雨が降った時に、雨が全て地面に浸透してしまい土砂崩れが起きてしまうでしょう。細長く成長した木は地面に根を張ることができないため、土砂崩れの時に一緒に流されてしまいます。間伐を行なわずにそのまま放置してしまうと、このような危険性があるので注意してください。森林が成長することで、二酸化炭素を吸収して温暖化を防ぐことができます。そのためには間伐をして、どんどん森に生えている木を成長させないといけないのです。