素敵な庭を手に入れよう│芝張りは業者に任せておけば安心

笑顔の男性

草むしりで注意すること

草

雑草が伸びてしまうと草刈を行ないますが、これでは根っこはそのまま残ってしまうので時間が経つとまた伸びてくるでしょう。何回も草刈をしたくない人は、雑草を刈るのではなく草むしりをしたほうがいいです。草むしりならば根っこごと抜くことができるので、そこから伸びてくる心配はありません。雑草が伸び始める時期は梅雨から夏が終わる時期といわれていますから、梅雨が開けて本格的に夏が始まる前に作業をしましょう。そしてできるだけ、雨が降った次の日に作業を行うことをおすすめします。雨が降った後の土は、多くの水を含んでいるので柔らかくなっているので引っこ抜きやすくなります。地面が乾燥している状態だと、根っこが土の中に残ってしまいまた雑草が生えてくるのです。それだと草むしりの意味がありませんので、雨が降った翌日に草むしりをしてください。夏は気温が高く正午が暑さのピークですので、作業をするのならその時間帯を避けて、早朝か夕方に作業を行なうようにしましょう。この時の格好は長袖長ズボンを着用して、帽子と手袋も用意してから草むしりを行ないます。正午に比べて涼しい時間ですが、長時間作業をするので日焼けをしてしまうでしょう。日焼けは軽い火傷と同じですし、日に焼けることで少しずつですが体力を消耗してしまうので肌の露出はできるだけ控えるようにします。帽子をかぶらないと熱中症で倒れてしまいますし、手袋をはめないと雑草で手を切るかもしれませんし虫に刺される危険性があるのです。無事に草むしりをするためには、このような装備をする必要があります。